スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

いらいらさせる人がいるわけではない

このシリーズはそれはねーべと信じられない人や、違うと思う方は信じなくてもいいですよ。小林正観さんの本「この世の悩みがゼロになる」より

小林正観さんの「いらいらさせる人がいるわけではないんですよね」という話に対して、A子さんは、納得できないそうです。

A子「実際にいらいらさせる人というのは、この世の中にいるではありませんか?」

小林「では、ある人が私の前に現れたとします。何かを言ったり通りすぎて行ったとします。その人に対して、「私」が何も感じなかったとします。では、その人は「いらいらさせる人」でしょうか」

A子「もちろん違います。」

小林「そうですよね。では、その現れた人に対して私がいらいらを感じたとします。その人は「いらいらさせる人」でしょうか。

A子「そうですね。そこに、「いらいらさせる人」がいますね。

小林「私がいらいらした時、はじめて目の前にいらいらさせる人が出現したんですよね。では、私がイライラしなかったらいらいらさせる人は生まれないし、いないのですよね。

A子「それだったら、今まで背負ってきた重荷は自分が勝手に作り上げた“想像の産物”であり、実体のないものなの?今まで苦しんできたのは何だったのか。

小林「相手を説得したり、変えたりするよりも、自分が考え方、とらえ方、を変えるだけで目の前から「いらいらさせる人」が消滅してしまいます。いらいらすることが大好きな方はどうぞ、いらいらしてください。

それはねーべと思う方は、今後の人生もずっといらいらしながらお過ごしください。この話は、信じられる方だけ信じていただけたら幸いです。





JUGEMテーマ:人生論
JUGEMテーマ:健康
 
| いらいらさせる人がいるわけではない | 斎藤一人 |
| comments(0) | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

それはねーべのシリーズ1

それはねーべのシリーズ                         

※一切お金をかけないで便秘を直す法方(副作用も一切なし)

このシリーズはそれはねーべと信じられない方は信じなくて

いいのでこの先は読まなくてもいいですよ。

このお話は僕が斎藤一人さんの本を読んで、実行して便秘が

治って、快適になって1年で10キロ痩せた体験談です。

まず、便秘になる人の原因として一人さんの本によく出てく

地獄言葉「ぐち、不平不満、泣きごと、いやみ、悪口」

をいつも言ってるからです。四六時中、朝から晩まで

地獄言葉を言ってる人は相当な便秘です。

なぜ、地獄言葉を言ってると便秘になるのかというと

夏に暑い暑いと不満を言って、冬になると寒い寒いと不満を

言って、政治が悪い、先生が悪い、と不満をいっていつも

疲れた、やだ、ちきしょー、くそっ、と口からクソを出して

いたらお尻からクソがでなくなってしまうんです。

だから、口からクソを出さないで、お尻から出しましょう。

半年くらい、一切地獄言葉を出さなかったら便秘もすっかり

治ってすっきりした毎日を過ごせることでしょう。

そして、幸せになっていると思います。

この話は、それはねーべと思う方は信じなくていいですよ。

僕は、便秘も治って今とっても幸せです。この方法は、もし失敗

しても一切お金はかかりません。安心して実行してください。

 

| それはねーべのシリーズ1 | 斎藤一人 |
| comments(0) | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/1PAGES |